「 土橋靖子が代表の書道団体・蛙園会ホームページへようこそ 」

 

 

ご挨拶

 

 平安時代の貴族で能書家として知られる小野道風は、それまでの中国的な書から脱皮して、和様書道を確立した人と伝えられています。  この小野道風の生地が愛知県春日井市、偶然にも祖父であり先師の日比野五鳳先生と同じです。

 彼 (か) の地に伝わる逸話で、道風は、失敗に失敗を重ねても柳の葉に飛びつく蛙を見て、自分も自身の書、和様の書道の確立に諦めず立ち向かおうと、勇気をもらったという話があり、その縁かどうかは今となれば定かでありませんが、五鳳先生は私塾を「蛙会」(かわずかい)と名付けました。  その会の最後の門弟としてご指導をいただいた私は、自らの会を立ち上げるにあたり、先師・五鳳先生の、清らで格調高い和の世界と、真摯に努力を怠らない精神を大切に、同じ志を持つ仲間たちが仲良く集う園、という意味を込めて、「蛙園会」( あえんかい ) と名付け、2022年に新たなスタートを切りました。

 これからも、この信念を忘れることなく、さらに書道振興や書写書道教育の充実をも目指し、皆で励んで参りたいと思っております。

 どうぞ、これからも末長く温かいご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

蛙園会代表 土橋靖子 ( Yasuko Tsuchihashi )

[ 最新情報 ]

2024年7月「第2回蛙園会」書展開催報告 (火, 23 7月 2024)
>> 続きを読む

蛙園会 ホームページ公開のお知らせ/2023.4.5 (Wed, 05 Apr 2023)
>> 続きを読む